競漕エントリーシステム
ボート競技について

ボート競技について

競漕会

公益社団法人日本ボート協会が主催または主管し、現在行っている競漕会はつぎの通りです。

  • 全日本選手権競漕大会
    1. 全日本選手権
    2. 全日本軽量級選手権
    3. 全日本大学選手権
    4. 全日本社会人選手権
    5. 全日本高等学校選手権
    6. 全日本ジュニア選手権
    7. 全日本新人選手権
  • 国民体育大会 ボート競技
  • 国際競漕会
  • オックスフォード盾 その他理事会で定めた競漕会

艇、競漕種目、距離

種目の略号と呼称

種目 略号 日本語呼称
男子種目 M 男子
女子種目 W 女子
男子軽量級種目 LM 軽量男子
女子軽量級種目 LW 軽量女子
男子ジュニア種目 JM ジュニア男子
女子ジュニア種目 JW ジュニア女子

競漕規則に於いて次の10種目を定めています。(平成10年5月より)

種目 艇の重量 記号 距離
舵手つきフォア 51kg以上 4+ 2,000 1,000
ダブルスカル 27kg以上 2× 2,000 1,000
舵手なしペア 27kg以上 2- 2,000 1,000
シングルスカル 14kg以上 1× 2,000 1,000
舵手つきペア 32kg以上 2+ 2,000 1,000
舵手なしフォア 50kg以上 4- 2,000 1,000
舵手なしクオドルプル 52kg以上 4× 2,000 1,000
エイト 96kg以上 8+ 2,000 1,000
舵手つきクオドルプル 53kg以上 4×+ 2,000 1,000
ナックルフォア KF 1,000
  • ※舵手つきペアと舵手なしフォアは男子のみの種目です。
  • ※ナックルフォア以外の艇をシェル艇と称します。
  • ※舵手つきクォドルプルは、平成10年度より当協会独自の種目として、全日本軽量級選手権、全日本社会人選手権に採用されました。
  • 記号の+と-は、大きなオールを両手で持ち、艇の右側か左側より出して漕ぐスイーブオールを使用します。さらに、+は舵手つきを、-は舵手なしを意味します。
  • オリンピックをはじめとして国際大会は、2,000mで行います。国内の競漕会においても全日本、全日本軽量級、全日本大学、全日本新人、オッスクフォード盾等は、 2,000mで行いますが、その他は1,000mで行います。
  • 艇の重量制限については、国際ボート連盟(FISA)の規則に準じているため変更になる場合があります。

軽量級

軽量級競漕大会では、艇の種類を問わず、ユニフォームを含む漕手の体重に制限を設けています。

1.男子

  • 漕手の平均体重が70kg以下で、かつ個人の体重が72.5kg以下です。
  • シングルスカルの漕手は72.5kg以下です。

2.女子

  • 漕手の平均体重が57kg以下で、かつ漕手個人の体重が59kg以下です。
  • シングルスカル漕手は59kg以下です。

3.舵手の体重制限はオープン競技と同じです。

  • 男子 ユニフォームを含めて55kg以上
  • 女子 ユニフォームを含めて50kg以上

男子、女子とも規定の体重に満たない場合は、最大限10kgのデッドウェイトを置かなければなりません。

競技方法

  1. 発艇は、各レーン毎に設けられたステイク・ボードに船尾をつけ、艇首を発艇線に並べます。
  2. 発艇員の予令に続いて、号令と同時に赤旗が振りおろされてスタートします。
  3. 2度フライングすると、除外となります。
  4. レース中は、不可抗力あるいは審判艇の主審が特に認めた場合を除き、「真面目な態度および正常な競漕速度」 をもって全距離を漕ぎ終えなければなりませんので、発艇の号令にかかわらず発艇しなかったり、主審の宣告を待たずに 競漕を中止したり、フィニッシュラインを通過しなかったりしたクルーは競漕権の放棄とみなされ失格となります。
  5. レースの途中でコース侵害や妨害等があると、主審の判断により除外となることがあります。
  6. 勝敗は、艇の先端のボールがフィニッシュラインを通過した順序で決めます。
  7. 競漕会においては、競漕委員会の許可なくコースに沿ってクルーに伴走することや、競漕中、 無線装置や拡声器を用いて岸からクルーに助言や指示をすることは禁止されています。

クルーのポジションと役割

  1. エイトの例
    • エイトの艇図
    • 艇首に最も近い漕手を舳手(バウ)と呼び、順に2番,3番,4番,5番6,番,7番、そして整調(ストローク)と呼びます。舵手(コックス)は整調と向き合って最も船尾よりに位置します。
  2. フォアの場合は、3番から6番までのミドル・フォアがなく、2番,3番,整調となります。
  3. 舵手の位置は、エイトでは殆どが前記のとおりですが、フォア、ペア等の場合、艇首に近いところに位置することが多くなっています。
  4. クルーの役割
    • 整調--英語でストロークというとおり、クルーのリード役であり、ペース配分、ピッチの上げ下げ等をリードし、クルー全体のリズムの中心となります。
    • 舳手--他の漕手の動きを見ることができるため、全体の調子をみたり、声を出して励ましたり、漕手のオールの乱れを注意したりすることが必要で、整調に劣らず重要なポジションです。
    • その他の漕手--主としてエンジンの働きをしますので、普通体力のある選手を配します。

重要な用語

ストローク (stroke)
オールによる1回1回の漕ぎ。(整調を指すこともあります)
キャッチ (catch)
オールを水中に入れること。オールの先端のブレードで水を掴む感じがあります。
フィニッシュ (finish)
ストロークの最後の部分。
フェザー (feather)
オールを水中から抜き、ブレード部分を水平に返すこと。羽のように軽い動きが必要です。
ピッチ (pitch)
一分間に漕ぐ回数、レート(rate)ともいいます。 通常スタート・ダッシュは高いピッチで漕いで加速をつけ、途中のスパートや、ラスト・スパート等でも 高くしてスピードを増します。
パドル (paddle)
水中を全力で漕ぐこと。
ライトパドル (light paddle)
やや軽く漕ぐこと。
イージーオール (easy oar)
オールを水中から出して漕ぐ動作をやめること。フェザー状態で静止します。
フォワード (forward)
漕手の艇尾方向、ブレードの艇首方向への動き。
ロー・アウト (rowout)
体力の限界まで全力で漕ぎ切ること。