第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ


2018(平成30)年5月17日(木)~20日(日)の4日間、埼玉県の戸田ボートコースで「第40回全日本軽量級選手権」が開かれました。 今回はアジア競技選手権(8月19日(日)~24日(金)、インドネシア・パレンバン)への派遣選考を兼ねた「2018ジャパンカップ国際レガッタ」が併催されました (主催:日本ボート協会)。

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

第40回全日本軽量級選手権の全レース結果は以下のWeb参照
http://www.jara.or.jp/race/current/2018lightweight.html

最終日のレース動画は以下のWeb参照(提供:aomonoya)
https://youtu.be/AXQ7INJMl6E


軽量級男子舵手なしペア優勝・早稲田大C

決勝動画 https://youtu.be/AXQ7INJMl6E

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LM2-優勝:早稲田大A(整調:金子怜生、バウ:尾崎光)
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
2位:東レ滋賀、優勝:早稲田大A(金子怜生(早稲田大学高等学院卒)、尾崎光(今治西高卒))、3位:日本大A

整調:金子「コンスタントが強みのクルーで、スタートで出遅れるのはわかっていた。レースプランでは、常に相手を視界の端で捉えられる位置につけていられればいいと。500mを過ぎたあたりで一艇身差くらいに抑えることができていたのは上出来だった。2、3Qで少し離されたが、1500mあたりでラストスパートに入ってから、バウの尾崎が『(競っている東レが)焦っている』と呼びかけてくれた。ラスト100mの切り替えも早めに入れてくれたので、それを信じて最後出し切ることができた」
バウ:尾崎「キーポイントになったのはコンスタントの1000m。リズムよく漕ぐことができて、中盤でそんなにパワーを使わなかった。そのおかげでラストスパートに入ってからはバテずに漕ぎ切れたことが勝因」

軽量級女子シングルスカル優勝・福本温子(トヨタ自動車A)

決勝動画 https://youtu.be/e9xgcqw7G_g

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LW1x優勝:トヨタ自動車A・福本温子
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
2位:立教大・角谷真緒、優勝:トヨタ自動車A・福本温子(唐津商業高卒)、3位:中部電力・大原里奈

福本「500mの時点では2位通過と他艇に出られてしまったが、前半抑え気味で入って後半上げていくというスタイルでやっていたので、作戦のうちだった。750mあたりから抜くのが目標で、レースプラン通りにいけた」

軽量級男子シングルスカル優勝・大元(アイリスオーヤマ)

決勝動画 https://youtu.be/x_iHzO8-vU4

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LM1x優勝:アイリスオーヤマ・大元英照
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
2位:ダイキ・武田大作、優勝:アイリスオーヤマ・大元英照(仙台大-塩釜高卒)、3位:トヨタ紡織B・安井晴哉

大元「500mまでは競っていたが、2Qで他艇を離せた。さらにそこからもスピード落とさずに責められたのがよかった。当初のレースプランではもっとラストで艇速を上げるはずだったのだが、他艇とは距離があったせいもあるのか、4Qでは気持ちがついてこなくてうまくいかなかった。ラストが今後の課題」

軽量級女子ダブルスカル優勝・関西電力小浜

決勝動画 https://youtu.be/AxnDPeFwpWY

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LW2x優勝:関西電力小浜(冨田千愛、納田麻妃)
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
2位:富山国際大A、優勝:関西電力小浜(冨田千愛(明治大-米子東高卒)、納田麻妃(若狭高卒)3位:明治安田生命

バウ:冨田「勝ちはしたものの、他艇が予想以上に詰めてきていて焦った。余裕はあまりなかった。予選・準決でうまくいかなくて、とにかくスタートから力を出し切ることだけを考えていたことがよかった」

軽量級男子ダブルスカル優勝・トヨタ紡織

決勝動画 https://youtu.be/_UpG8-4954A

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LM2x:トヨタ紡織(山口健太、澤田研太)
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
2位:今治造船、優勝:トヨタ紡織(山口健太(日本大-津久井高卒)、澤田研太(小浜水産高卒)、3位:明治安田生命

バウ:澤田「スタートで艇の向きが曲がって一瞬焦ったが、立て直してからは最後まで自分たちの艇に集中できた。予選で課題だったのは、500m、1000mで船のスピードを思い通りに立て直せなかったことだった。レースごとに少しずつ課題を修正してきて、決勝では克服できた。バテてもいいから思い切って、コールに対して反応できた」

軽量級男子舵手なしフォア優勝・東レ滋賀

決勝動画 https://youtu.be/JBfygiasooQ

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
LM4-優勝:東レ滋賀(志賀巧、青松載剛、杉嶋俊幸、平井駿一)
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
(前段)優勝:東レ滋賀(志賀巧(日本大-美方高-美浜中卒)、青松載剛(早稲田大-舞鶴東高卒)、杉嶋俊幸(日本大-高島高-今津中卒)、平井駿一(一橋大卒))、(後列左)2位:NTT東日本、(後列右)3位:日本大A

2番:杉嶋「1Qの時点で一艇身くらい差を広げることができた。周りに合わせずに、自分達の艇だけに集中できたおかげ。4Qはバテるかもしれないが2、3Qでは相手に戦意喪失させるという勢いででガンガン攻められた」

軽量級男子舵手なしクォドルプル優勝・龍谷大

決勝動画 https://youtu.be/fTaYMnROlGY

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

バウ:北村「練習から、コンスタントで艇速が落ちないクルーだった。レースでは、初めは相手に出られていたが焦ることはなかった。横から他艇の声が聞こえていたし、足けりもたくさん入れていたのがわかったので、すぐ落ちてくると思っていた。強み通り中盤で抜けた。プラン通りに進んだレースだった」

軽量級女子舵手なしクォドルプル優勝・仙台大

決勝動画 https://youtu.be/rKKPyl27MEo

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

整調:原「スタートを決めて先行して、コンスタントでもしっかり伸ばしていくという、自分たちで取り組んできた課題が実を結んだ。逆風が強く吹いている中で、全員で前からしっかり水をキャッチしていくことができた。風のせいで崩れかける時もあったが、よく対応できた」

軽量級男子エイト優勝・仙台大

決勝動画 https://youtu.be/1HBPSn4lh4I

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

バウ:渡部「思い通りにスタートから攻められた。中盤では明治に出られてしまったが、前日の打ち合わせどおりに、全員で焦らずに行けた。最後は淡々と艇差を詰めてラストスパートで一気に追い抜くことができた」


2018ジャパンカップ国際レガッタ日曜日の部
男子シングルスカル優勝・荒川(ナショナルチーム)

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

女子シングルスカル優勝・榊原(ナショナルチーム)

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

男子ダブルスカル優勝・ナショナルチームA[L]

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ

女子ダブルスカル優勝・ナショナルチーム

第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ
第40回全日本軽量級選手権 兼 2018ジャパンカップ国際レガッタ


【写真撮影:山本薫、宅島正二、早川大河】

2018ジャパンカップ国際レガッタの全レース結果は以下のWeb参照
https://www.jara.or.jp/race/current/2018japancup.html

日曜日の部のレース動画は以下のWeb参照(提供:aomonoya)
https://www.youtube.com/watch?v=MZTbTekEg1s&list=PLQQuLGC1AaZLj8nuj9z3FO97QBlk9xC_G