公益社団法人日本ボート協会

Japan Rowing Association

大会情報RACE INFORMATION

第99回全日本選手権大会

2021年06月24日
新型コロナウイルスの対応策について
2021年6月24日
競技委員会

第99回全日本選手権大会の開催要項を掲載いたします。

※新型コロナウイルスの対応策について

本大会では、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を伴うボート競技大会開催に関するガイドライン」に準拠し大会運営を行います。 ガイドラインは、ホームページ(URL: https://www.jara.or.jp/info/current/Covid19CompetitionGuideline.html )に掲載をしておりますの で、大会参加者の皆様は、必ず事前にお目通しいただき、感染症対策を徹底したうえでのご参加をお願い致します。

また、今後ガイドラインの更新に当たり、大会要項を変更する可能性がございます。 予めご了承ください。

大会情報
期日
2021年9月23日(木)~9月26日(日) (4日間)
場所
埼玉県戸田市・戸田ボートコース
出漕申込期限
2021年8月12日(木)
変更願い提出期限
2021年9月20日(月)
組合せ抽選
2021年9月22日(水) 午後6時
代表者会議
2021年9月22日(水) 午後6時
出漕申込
JARA Regatta Entry System
JADA eラーニング
出漕申込時に修了証の提出が必要
※詳細な情報は大会要項をご覧下さい。
公式エルゴ記録の測定・提出方法について
2021年6月18日
公益社団法人日本ボート協会
競技委員会
加盟団体 各位

平素は日本ボート協会の諸活動にご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、第99回全日本選手権大会のシングルスカル、ダブルスカル、ペア種目の出場には出漕選手毎のエルゴ基準タイムのクリアと記録の申告を義務化しました。つきましては、該当種目の出漕選手は下記要領に従い公式エルゴ記録をご提出ください。

項目 内容
提出対象者 第99回全日本選手権大会シングルスカル、ダブルスカル、ペア種目出場予定選手
出場資格 下記の要領により測定し、基準タイムに達した者
■測定方法
距離:
2000m
使用機種:
コンセプトⅡ社製
※機器を固定して使用すること。整備済のこと。
測定期間:
2021年8月12日(エントリー最終日)まで
測定場所:
実施者が定めること
立ち会い:
監督またはコーチが立ち会いを行う
提出方法 出漕申込時、申込(出漕申込確認書)画面に必要事項を入力。書類をプリントアウトして、団体責任者(監督またはコーチ)が署名をし、 その他の出漕申込書類と一緒に日本ボート協会へ提出。
提出期限:8月12日(木) FAX:03-5843-0462 E-mail: メール
ドーピング・コントロールにおける、18歳未満競技者親権者からの同意書取得について
2021.4.14
(JADA発第061号 2020年11月6日)

注:2021年1月1日に改定される世界アンチ・ドーピング規程に準拠した国内体制の整備の一つとして、18歳未満競技者親権者からの同意書取得の流れが変更となります。

  1. 本競技会は、日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会です。
  2. 本競技会参加者 (18 歳未満の競技者を含む。以下同じ)は、競技会にエントリーした時点で日本アンチ・ドーピング規程にしたがい、 ドーピング・コントロール手続の対象となることに同意したものとみなします。 18歳未満の競技者については、本競技会への参加により親権者の同意を得たものとみなします。
  3. 本競技会に参加する 18 歳未満の競技者は、親権者の署名した同意書を大会に持参し携帯して下さい。 親権者の同意書フォームは、日本アンチ・ ド ーピング機構 (JADA) のウェブサイト https://www.playtruejapan.org/jada/u18.html からダウンロードできます。 18歳未満の競技者はドーピング検査の対象となった際に、親権者の署名が記載された当該同意書を担当検査員に提出して下さい。 なお、親権者の同意書の提出は18歳未満時に1回のみで、当該同意書の提出後に再びドーピング検査の対象となった場合は、 すでに提出済みであることをドーピング検査時に申し出て下さい。 ドーピング検査会場において親権者の同意書の提出ができない場合、検査後7日以内にJADA事務局へ郵送にて提出して下さい。 親権者の同意書の提出がなかった場合でも、ドーピング・コントロール手続に一切影響がないものとします。
  4. 本競技会参加者は、本競技会において行われるドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を拒否又は回避した場合、 検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続を完了することができなかった場合等は、 アンチ・ドーピング規則違反となる可能性があります。 アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので留意して下さい。
  5. 競技会・競技会外検査問わず、血液検査の対象となった競技者は、採血のため、競技運動終了後2時間の安静が必要となるので留意して下さい。
  6. 日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容およびドーピング検査については、 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイト https://www.playtruejapan.org/ にて確認して下さい。
大型車両の通行について

大会参加団体各位

日本ボート協会事務局

平素より当協会の諸事業・活動に多大なるご支援ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、埼玉県蕨警察署より、公園道路は大型車両進入禁止であるため、大型車両通行の際は事前に蕨警察署へ通行許可申請を行うよう要請がありました。

つきましては、大型トラックで艇搬入出を行う場合、事前に蕨警察署(048-444-0110)に連絡の上、通行許可を取ってください。大型規制区間は添付図面のとおりです。

※通報等があった場合、道路交通法違反で取り締まらなくてはならない場合があります。

お手数をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご協力の程宜しくお願いいたします。