公益社団法人日本ボート協会

Japan Rowing Association

インフォメーションINFORMATION

全日本選手権兼全日本大学選手権 参加団体から寄せられたご質問への回答集

2021年10月15日
競技委員会
全日本選手権兼全日本大学選手権参加団体から寄せられたご質問への回答集を作成しました

皆様から寄せられましたご質問の回答集を作成いたしました。

PCR検査 大会運営関連 AD運用関連 艇輸送関連 会場施設関連 タイムトライアル

PCR検査

大会期間中のPCR検査は、10月28日の予選の前に実施し、この1回のみでよろしいでしょうか。
その通りです。
10月28日以降に参加するAD申請をしたスタッフのPCR検査は必要でしょうか?
10月28日のみPCR検査を実施となりますので、10月28日以降にご参加の方への検査実施はありません。
大会後にPCR検査費用振込とありますが、請求書をご用意いただけますでしょうか。
大会終了後に、ご請求書をお送りいたします。
事前PCR検査実施日の10月20日以降ということは、20日も含むため20日にPCRを実施しても大丈夫という認識でよろしいでしょうか。
20日以降ですので20日に実施されても問題ございません。
10月28日に実施のPCR検査キットの未使用分が発生した場合は、どのようにすればよろしいでしょうか?
PCR検査キットは、ADカード分配布しますが、未使用分は返却していただき、費用は使用分のみ大会後にご請求いたします。
ADは発行しないが、指導のため選手と少しでも接する指導者等は事前PCRを受ける必要があるか。
AD発行有無にかかわらず遠征される方は全員事前にPCR検査を受けて報告して下さい。
NEW 全日本選手権・全日本学生選手権への出場についてご指示いただきました、 今月末のインカレに関わる事前PCR検査では、経済性を重視した民間の比較的安価なPCR検査キットを用いることを検討しています。
その検査キットでは、「陰性陽性」という結果ではなく、提出した検体すべてにおいてコロナウイルスに感染しているリスクを表示するものとなっています。 (例えば、10名分のまとめた検体の中からコロナウイルスが検出されなかった場合、”低リスク”と通知が入ります)
事前PCR検査には「正式な陰性証明書は必要ない」とありますが、この種のPCR検査であっても陰性に等しい証明が残れば問題はないでしょうか。
陰性が確認できるものが望ましいですが、細かくは指定しておりませんのでその方法でも構いません。

大会運営関連

スタート地点のピットは使用禁止とのことですが、艇やオールが破損した場合はピットまで予備オール等の用具を届けることは可能でしょうか。
その場合、レースを遅らせる等の処置はして頂けますでしょうか。
オールや部品を届けることは問題有りません。
そのような事象が発生した場合は速やかに審判員に申し出て、当該艇の着岸は審判の許可を得てください。
また、レースを遅らせる等の処置は競漕規則第38条(発艇定刻)により判断させて頂きます

AD運用関連

伴走ADと撮影ADは、事前申請不必要で、選手・関係者のADを受け取る際にいただけるのでしょうか。
伴走、撮影ADにつきましては、申請の必要がなく、受付時に配布いたします。

艇輸送関連

艇の積み込み・積み下ろしの日程に規定はありますでしょうか?
艇の積み下ろしについては大会期間中、レース終了後、規制解除になってから可能です。
レースにおいて途中敗退した場合は、大会期間中かつレースが行われている途中に積み込みをすることは可能でしょうか?
エリア規制中は国立艇庫前広場への艇搬送目的の車両進入を不可となっております。国立艇庫前広場については、レース終了1時間後を目処に開放となります。
大会期間中のレース終了後の艇の積み込みについて、制限はありますでしょうか?
規制エリア等に関する原則をご確認ください。(10月11日修正)

会場施設関連

大会開催期間中のアスリートエリア及び立ち入り禁止エリアの具体的な期間・日時を教えてください。
10月27日~31日において、コース閉鎖時間(レース1時間前)から最終レース終了までとなります。
ただし国立艇庫前広場は最終レース終了1時間後を目処となります。
規制エリア等に関する原則をご確認ください。(10月11日修正)

タイムトライアル

10月27日のタイムトライアルですが、実施は確定ということで宜しいでしょうか。また、対象クルーはいつ頃決定しますでしょうか。
10/27のTT対象クルーについては、HPへ掲載いたしましたのでご確認ください。