Event Report 2017

2017年度の記事を表示しています。


隈元幸治審判員が平成29年度スポーツ功労者顕彰(審判)を受賞 2017-07-04

日本ボート協会公認A級審判員(神奈川県)で国際ボート連盟 国際審判員(FISA UMPIRE)の隈元幸治さんが文部科学大臣から「平成29年度スポーツ功労者顕彰(審判)」を受けました。

記事へ

2020東京オリンピックのボート競技種目と人数について 2017-06-12

2017(平成29)年6月9日(金)に開催された国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、今年2月の国際ボート連盟(FISA)臨時総会(東京)で決議された通りに2020東京オリンピックのボート種目が承認されました。選手数については、24人減の526人となりました。

記事へ

第15回全日本ジュニアボート選手権 2017-06-11

2017(平成29)年6月9日(金)~11日(日)の3日間、熊本県菊池市の斑蛇口湖ボート場で「第15回全日本ジュニアボート選手権」が行われました(主催:日本ボート協会、菊池市。主管:九州ボート連盟、熊本県ボート協会)。

記事へ

第10回全日本マスターズレガッタ 2017-06-04

2017(平成29)年6月3日(土)と4日(日)の2日間、戸田ボートコースで「第10回全日本マスターズレガッタ」が開かれ、112団体の528クルー1215選手が参加しました(主催:日本ボート協会)。

記事へ

第39回全日本軽量級選手権 2017-05-28

2017(平成29)年5月26日(金)~28日(日)の3日間、埼玉県の戸田ボートコースで「第39回全日本軽量級選手権」が開かれ、明治大が軽量級男子エイトで初優勝を遂げました(主催:日本ボート協会)。

記事へ

リオ五輪代表・中野選手がJOCアスリート委員に当選 2017-05-15

リオ五輪代表・中野紘志選手(一橋大OB)が日本オリンピック委員会(JOC)アスリート委員に当選しました。

記事へ

第40回信毎諏訪湖レガッタ記念大会 兼 第18回全国ナックルフォア大会 2017-05-14

2017(平成29)年5月13日(土)と14日(日)に長野県下諏訪町漕艇場で「第40回信毎諏訪湖レガッタ記念大会」兼「第18回全国ナックルフォア大会」が開かれました(主催:下諏訪町、信濃毎日新聞社、長野県ボート協会)。

記事へ

第70回記念大会朝日レガッタ 2017-05-07

2017(平成29)年5月4日(木)から7日(日)まで、滋賀県立琵琶湖漕艇場で「第70回記念大会朝日レガッタ」が行われました。ラフコンディションとなった一般男子エイト決勝は、東レ滋賀が中部電力に約4秒差でゴールし、8大会ぶりに栄冠を手にしました。(主催:朝日新聞社、滋賀県、大津市、関西ボート連盟)。

記事へ

第70回記念大会朝日レガッタレセプション 2017-05-04

70回目の節目を迎えた「朝日レガッタ」を記念して、大会初日の2017(平成29)年5月4日(木)夕方に滋賀県大津市の琵琶湖ホールで「記念レセプション」が催されました(主催:関西ボート連盟)。

記事へ

韓国とのボート交流で「第6回忠州カップ」へ出場 2017-05-02

ボート競技を通じた韓国との交流事業としてU19の4選手が2017(平成29)年4月28日(金)~30日(日)に韓国で行われた「第6回忠州湖カップ」へ出場しました。

記事へ

ボート競技を題材にした推理小説発刊 2017-04-30

英国テムズ川を舞台としたボート競技の推理小説『警視の挑戦』が発刊されました。本書は英国のミステリー作家デボラ・クロンビー氏(Deborah Crombie)による「ダンカン・キンケイド警視&ジュマ・ジェイムズ警部補シリーズ(Duncan Kincaid & Gemma James series)」の第14作です。

記事へ

第62回中日本レガッタ 2017-04-23

2017(平成29)年4月21日(金)~23日(日)に愛知県東郷町の愛知池漕艇場で「第62回中日本レガッタ」が行われました。今年も全国22都府県から85団体454クルーの1047選手が集い、日頃の練習成果を競い合いました(主催:中日新聞社、愛知県ボート協会)。

記事へ

第25回関西ボートマン倶楽部総会 2017-04-22

2017(平成29)年4月22日(土)に大阪市北区の大阪梅田 新阪急ホテルで「第25回関西ボートマン倶楽部総会」が開催されました。 当日は過去最多の約100人が出席し、25年の節目を祝いました。

記事へ

ボート競技の腰痛 – 専門家の声 2017-04-03

国際ボート連盟(FISA)公式サイトに掲載された2017年3月3日付ニュース「ボート競技の腰痛 – 専門家の声」を邦訳した記事です。腰痛について各国代表チームのベテラン理学療法士と世界トップクラスのアスリートによる見解が記されています。

記事へ